”協創”という考え方

こんばんは!

華の水曜日担当の戸田達昭です。

昨日の井上さんの投稿に、童心をくすぐられつつ、ニヤニヤしつつ書いています(笑)

今週は高校野球山梨県大会の決勝にお邪魔して、日焼けと引き換えに、

チームの団結力を高めたり、ポロシャツが出来たりと、戦いに備えて準備が進んできています。

そんな中で、先週の投稿の続きですが、

タイトルに書きましたが、協創が一つのトレンドになりつつあると感じていますし、

これこそが、これからの社会を切り開いていくテーマですね。

”協働による創造”、それを一言で協創というイメージでしょうか。

 

ビジネスでも、大企業とベンチャーや、大企業と中小企業、ベンチャーと中小企業などなど、組み方によっていろいろな競創のパターンがありますが、互いの強みを活かしながら、コラボレーションによって創り出していく、ということです。

 

それぞれの立場や強み、機能互いに認識し、協働する。

必要なことは、個性ですね。

 

己と向き合い、個性を見出していく。

突き合せていく、ということですね。

 

これは、戸田が関わらせていただいている、いろんなところでの経験が活かせそうです。

 

楽しみですね!

 

今日は久々に朝早くから駆け回りましたので、足腰にきています(笑)

 

新たな仕掛けも作れそうなので、皆さんと一緒に形にしていけたらと思っています!

 

それでは、引き続き、攻めていきましょう!!

よろしくね♪

とだ☆