事業成果と熱量の関係

こんばんは!

華の水曜日担当の戸田達昭です。

世間は年度末、バタバタしていますね。

弊社は9月決算なのでこのシーズンは特に変わりありませんが、皆さんが変わっていくのを見て、

色々と感じることがあります。(寂しかったり…)

 

さて、今年度で終了する事業もあり、そこで感じたことですが、

まさにタイトルに書いた通り「事業成果と熱量の関係」についてです。

簡単に言えば、いい仕事をするために、全力でやってますか?ということ。

 

ムキになったっていいじゃないですか。それは少なくとも、あなたの本気の現れです。

やはり、プロなんだったら、そして役割を持ったのだったら、本気でやらないと。

 

意見が対立したって、ぶつかったっていいじゃないですか。だから議論して決めるのですから。

合意形成のプロセスは色々な方法があります。

 

向き合うことを恐れたらいけません。

そんなことでは、あなたがここにいる意味がないではないですか。

 

熱量を上げていかねば、いい仕事は出来ません。

私見ですがクールは内側に熱いものをもち、冷静な所作を行っていると感じていますので、基本は熱いのだと。

冷めているのとは違うと思っています。

 

・・・暑苦しいですかね(笑)

 

多様化する社会ニーズに即したまちづくりも、事業も、人が担うのですから、

人が一番の鍵です。

そこが大切なのだと思っています。

 

さぁ、明日はいよいよ年度末。

一つ形になるものとも触れ合えますので、楽しみです。

 

間違いなく一石を投じたものになるでしょう。

 

そう、当事者はじめ関わったすべての人の熱量が高かったですから。

 

さて、来年度も新たな気持ちで進めるように、

明日は色々と整えたいと思います。

 

では、行きましょう!!

 

よろしくね♪

とだ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)