学び舎

こんばんは!

華の水曜日担当の戸田達昭です。

今日は空気は冷たいですが、アツい一日でした。

外国人観光客向けのWi-Fiサービスである、Fujisan Free Wi-Fiプロジェクト、そして北杜市で先輩方と一緒に地域を盛り上げていく、ささお村づくり協議会と、プロジェクト事が続き、走り回りました。

どちらも関わっておられる皆さんがみんな前向きで、とっても元気を貰います。

いつでもその気になれば、学べるし、いつでも成長できる。そう思わせてくれます。

さて、一部FacebookではUPをしましたが、

先週末に日野春學舎構想に基づくブリッジスクールが開校しました。

障がい者や過ちを犯してしまった方達が社会に出ていきやすくするための仕掛け、まさに、社会とのKAKEHASHIとなる学び舎を作りたい!という想いで八ヶ岳名水会の皆さんと一緒に準備を進め、意識を持ち何よりも温かい心を持った企業人の皆さんとの協働にてスタートを切る事が出来ました。

いつでも学びなおしたり、学び足したり出来る。そう、その目的があれば。

その目的、これは夢とも表現できると思いますが、これを見出す為の仕掛けが必要だと思っています。

というのも、自分の知っている世界の中で夢は設定されるからです。

自分の知っている世界に、多様な選択肢があって、その先を妄想して、なりたい自分や夢は生まれてくるのですから。

だから、いろんな刺激が必要不可欠であり、そしてそれを判断する知識や知恵が重要という事になります。

これが、学び舎に求められる事だと思っています。

生徒となる人の限界を、世界を勝手に定義してはいけない。

「きっと才能はある。でもそれが何に繋がるか、とか、夢を描けていない…」と言うのであれば、それは、言う側に問題があるのではないか。

もしかしたら、既存の仕組みでは、夢を与えることが出来ていないのかもしれない。

となると、そのための努力の必然性を見出すことが出来ない=学ぼうと思えない。

という事が考えられます。

これへの挑戦でもあるな、と思っています。

目線を合わせて、一緒に世界を見ながら、その先の世界について、語り合って、努力しあっていきたいと思っています。

 

皆さんとも一緒に理解を深めていきたいので、またご案内しますね!

ちなみに1回目は2月27日の18時30分から、山梨県の防災新館です。

就職困難者の現状の把握、そしてそれらの解決に向けて活動をしている社会福祉法人の取り組みの紹介、そしてブリッジスクールについて、という三本立てです。

 

まだまだ、やれることがある!

頑張りますよ!!

 

それでは、いきましょう!!

よろしくね♪

とだ☆

Don’t drink hypochloride!

こんばんは。

火曜日担当、井上です。今日は連れのDavidと一緒に綴ります。

Hello, everyone.

We discuss about something.

We have special messages from David.

Don’t ever give up! Whatever makes you happy do not be afraid to go for it, it worked for Nishikori!

“Synaptech go for the gold!

and drink awesome beer, not hypochloride. You’ll die

Good night.

英国人からの貴重なメッセージでした(笑)

タイトルの意味は弊社までお問い合わせ下さい、お待ちしております。

image1

弊社オンライン記事をご覧の皆様へご報告とお礼

平素よりお世話になっております。

シナプテック株式会社クロスメディア事業担当です。

この度は弊社オンラインシステムの更新作業に伴いスタッフのTwitter、Facebook等に度々過去の記事が誤表示される等のトラブルがありました。

にもかかわらず、「いいね」ボタンをクリックして下さる等暖かく見守って下さりありがとうございました。

おかげ様をもちまして、システムは無事アップグレードされました。以前より見やすく記事を配信して参りますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

Synaptech Inc. - For future of our planet -

impossible is nothing!!

こんばんは!!お久しぶりです、アヴァンサーの爆食人間こと堀江です(笑)

先日、故郷の徳島にいる友人から久しぶりの電話がありました。昔話に花が咲き、山梨に来てまだ半年近くですが、初めて故郷が恋しくなりました(笑)
その話の中でタイトルにある、「impossible is nothing!!」という言葉を思い出しましたので、その話をさせていただきます。
この言葉は、「不可能なんてない!!」という意味です。

この言葉を聞いたのはかれこれ8年程前にさかのぼり、自分がまだ高校2年生の時の話です。この時自分は部活動でバスケットボールをしており、進路共に悩んでる時期でした。この時の自分は練習中に椎間板ヘルニアになってしまい、医師からはもうバスケットなど激しいスポーツは2度とできないだろうと宣告を受け、スポーツ人生が終わってしまったとかなり病んでしまっていた時期でした。それでも部活動は辞めず、マネージャーとしてやっていました。
もうバスケができないんだと諦めていた高校三年の春の時に、ふと本屋で読んだスポーツ紙にバスケットボールNBA選手のケビン・ガーネット選手のインタビューの中にこの言葉がありました。「諦めたらそこでお終い」そう思い医師に相談し、リハビリを経てバスケットができるまでになりました。

今でもその体験は良かったなと思います。スポーツを通じてですが社会人になった今でも活かされているのかなと感じました。

やはりスポーツは素晴らしいですね!最近お腹周りがすごいのでダイエットも兼ねて久しぶりにバスケをしたいと思います!笑

 

長くなりましたが、今回はこれにて失礼させて頂います!笑

一歩一歩確実に。

こんにちは!

華の水曜日担当の戸田達昭です。

先日、山梨県は甲府でも雪が降り、昨年の2月を思い出しましたが、一日で落ち着いたのでホッとしました。

ただ、今年はバッチリ、スタッドレスタイヤを履いていますので、心の余裕はあります(笑)

 

さて、本日のタイトルですが、

「世界を変える」とか「社会を変える」というのは、

目標とした世界や社会を作っていった結果として、”変わった”という、結果論なのでは、と思っています。

なので、目指すべき世界に対して、一歩一歩進めていき、その都度あるいは、その後に表現した方がわかりやすいと思います。

考えなしにそれを言っている人はいないと思いますが、なんとなくそれを言っていると、「大丈夫か?」と思われると思いますし、「なぜ君が、何のために?」と思われるでしょうし、時には対外的にも説明が必要になる場合もあります。

世界を変えていく、というより、作っていく為には、

実践を踏まえ、共感を得る事が重要。

私は、カッコよく先んじて「世界を変える!」なんて言えないので、

一歩一歩進めていくなかで確認や共有をしていきたいと思っています。

 

今週末、目標としていたこと、そう、結果として今までの世界が変わるような取り組みの第一歩が行われます。

ほぼ一年かけて準備をしてきましたので、

とっても楽しみですし、意味のある事だと確信しています。

(また報告させていただきます)

 

今日の取り組みも、また夢や目標に繋がる一歩であると意識して、

仕事に取り組んだり、生活したいものですね!

 

それでは、行きましょう!!

よろしくね♪

とだ☆