墾田永年私財法の再制定を(笑)

こんばんは。

Go! Synaptech blog 火曜日担当の井上潤一です。

 

4月に新規就農してぼちぼち畑をやっています。

8月に初めての出荷、と思いきや車をぶつけてしまい1ヶ月畑に行けず。出荷できないのはもちろん、さぞ雑草が茂っているのだろうなと思いながら行ってみると・・・。

さすが陽光降り注ぐこと国内きっての甲府盆地。茂りに茂りました。21日連続降雨もあって2-3メートル級の草がボウボウに!!!

IMG_5644

改めて写真で見るとあまり迫力がないのですが奥の方の1本1本が最低2メートルはあり、茎の太さは軽く1cmを超えているので草刈り鎌ではまず刃が入りません。

何ヶ月か放置しておけば森になってトトロが来てくれるかも!

と、現実逃避したくなりましたがこれでは試験ができないので頑張って草刈り。まだ修行が足りないのでサイコキネシスも使えないため全部手刈りです。植えてあった作物がどこにあるのか、まるで宝探しのような感じです(実はここまでくると内心楽しんでいるフシがある)。

葉物はことごとく萎れ、トマトは半分くらい腐っていましたがなんとかカボチャはサルベージ。

IMG_5663

むしろ熟して良い感じのがゴロゴロと収穫できました。

 

雑草の生え方とか勉強になることや思うことはたくさんありましたが、一番よかったのは道具の使い方が格段に良くなったことでしょうか。

最初は余りの草っぷりに戸惑いましたが段々ランニングハイなり

この根なし草がああああ!!!(人間社会では言えない台詞)

薙ぎ払え!!!(人間社会ではまず言わない台詞)

とか心のなかで言いながら鎌を振り回すと無双系のゲームよろしくガンガン草が刈り取れるので気持ちよかったりもしました。

でも適当に振り回していた結果鎌を3本ほどおシャカにしてしまいました。(今思えば)乱雑に使って壊した鎌は2本、ちょうど鎌首のところから折れました。もう1本は丁寧に使っていたつもりですが太い草を刈っていたらやはり鎌首がやられました。「鎌首をもたげる」って蛇の動きが由来とか言われてますが農民としてはこっちの方が実感沸くかも・・・。

 

端折りますがその後色々なことがあり、最終的には齢84歳のおばあさんに半日弟子入りして稲刈り(手刈り!)を手伝った結果格段に鎌の扱いが向上しました。

IMG_5735

何とか畝を作れるところまで再生しました。鎌の話だけしましたが、太い草には高枝切りバサミが有効でバッサバッサと刈り取る事ができました。高い草が生えると地這い系の草は光合成が出来なくて勢力が衰えるので地表のクリーンアップは意外と楽。

 

もともと放棄地だったところを開墾するのはもっと大変だったと思います。それを借り受けてうっかり再放棄地にしてしまうところでした。ここから再起して頑張ります。

新規就農のためのトラクター扱いや栽培技術の講習も良いと思いますが基本的な鎌やハサミの使い方、というかコツを伝えることも大事なことなのではないかと思いました。

 

今日は長くなりましたが、失礼。

秋刀魚の季節ということで

こんばんは。

Go! Synaptech blog 火曜日担当の井上潤一です。

必要とされるって重要だなと追認しているところです。いろいろな活動に手を広げすぎたので一つ一つがボヤケがちになってしまい何となく切れ味を発揮できない。元々間の抜けたタイプと自認はしてるのでそれは(一生懸命やった上でなら)仕方ないと思っているのですけど。

今までもそうでしたがそんな感じで漠然と考えていると、ふと異なる切り口からヘルプを求められることがあります。刀を研ぐのは切るためであって研ぐためではなかったな、とその度思い出します。切れない刀では芸にはならないのですが芸を見せるのが仕事ではなかったな、とも気づきます。

亀の歩みでも見ていて必要としてくれる人がいると、ナマクラでも人肌脱ごうという気になります(役に立つかわかりませんが)。

局所戦も、いずれ大局を左右するようになれば日の目を見ることもあるでしょう・・・。

 

9月ということで、当初は「秋刀魚にかけまして」というサブタイトルにしていたのですがこれが結構難しく、努力至らず血なまぐさい話になった上に標記を変更しました。ちなみに秋刀魚より鯵が好きです。

 

今週後半はイノベーションキャンプです。応募期間は過ぎましたが起業家の皆様が切磋琢磨されることでしょう。

http://y-startup.org/

 

それでは、失礼。

質量

こんにちは。

Go! Synaptech blog! 火曜日担当の井上です。

 

質量は物質を構成する重要な要素の一つですが、仕事も質と量は不可分の関係にあります。

色々と仕掛けていかなければならないので自然と仕事の量は増えてしまいますが、神経を研ぎ澄まして質に専念したい時もあります。

とは言え、量をこなしているうちに仕事の質が上がってくることもあります。

 

仕事が立て込んでいる時、あえてスポーツをすると時間は短くなりますが効率よく仕事ができる時もあります。

この際、質重視でまずはやりたいことをやってしまおう。

 

以上、失礼しました。

 

 

父の役割

こんばんは。

本当に久々ですが Go Synaptech blog です。

このところ子供にまつわる話題が周囲で多いのでつい投稿を。

 

正直、webを見てても子育てについて父親の記事は少ないです。その分、パパ記事は厳選された良い記事が多いのでその点はメリットであるとも思っています。ただ、どうしても男は自身の夢や希望を膨らませて語るのは得意なのですが個体として別の存在である家族のメンバーに対して語りにくいのもよく理解できるところでもあります。

 

娘が3歳になりましたが自我が強くなり主張が激しくなっています。

このところ母親と父親の感じ方は実に違うということを感じています。

いわゆる一次反抗期というやつなのでしょうが娘がキレると大声出すし暴力的になるし母親は大変です。一方で父親からすると3歳児がわめこうが叩こうが蹴ろうが正直蚊に刺されたような感覚です(逆関節やみぞおち等の急所攻撃に対しては一瞬(本能的に、アクマで本能的に)反撃を考えたくなりますがそれほど強烈な痛みを加えられることはないように思います)。

ストレスが無いかと言えばそうではないのですが大の男同士で体を張った喧嘩をすることを想像して比較すると、正直それに比べてどうでもいいことにしか思えなくなります。

霊長類(ヒト以外)の研究ではメスは長時間に渡る継続的なストレスに強いとされていますがオスはそういうストレスには弱く、一方で瞬間的な撃力に対しては抵抗性が高いとされています。多分父親はこの点においてオスとしての感覚が宿っているのだと思います(そのように考えると三歳児の反抗というのはかなりの強度ということとも考えられますが)。

 

二次反抗期の頃には父親の体力が衰えて悠長なことは言ってられないかもしれませんが、今時分はせいぜい暴れてもらって感覚的に色々なことを知ってくれればそれでいいような気がします。

母親からすると悠長で無責任にも見えるときがあるのだと思いますが、子供からすると暖簾に腕押しのような存在がいるのも一つの経験でないかと思います。

それがプラスに働くのかマイナスに働くのかはその後の環境と本人の努力によるのだと思いますが。

 

ふと思ったので記事にしてみました。

タイトルを見てダースベイダーとルーク・スカイウォーカーのような関係を想像した方にはあまりに迫力に欠ける内容ですみません。

でも

「I’m your father!」

は声に出して読みたい良い英語だと思います。

 

お粗末さまでした。

0314, 葛藤という程でもないけ

こんばんは。

Go! Synaptech blog 火曜日担当の井上です。

今日は素晴らしい先輩方を山梨にお迎えし、ここ一年で二番目に緊張しました。

戸田から楽しそうにしてる、と言われはたと楽しい自分に気付いたのも発見でした。

しかし、楽しくしてる時は収益にはならず、収益になる時はさほど楽しくもなく、葛藤という程でもないけど考えてしまいます。

とにかく、やることだけは沢山目の前にあるので、一つ一つ地道に取り組んで行こうと思います。

それでは、失礼。